menu

お電話でのお問い合わせ

0120-112-375

【受付時間】平日9時〜17時(土日祝日・年末年始・お盆を除く)

お問い合わせはこちら
教師の定年退職後の仕事について - 【3ヶ月短期集中 寮完備】CMB日本語教師養成講座 | 千葉市
  1. ホーム
  2. 現役日本語教師のコラム
  3. 教師の定年退職後の仕事について
2020.01.28

教師の定年退職後の仕事について

CMB日本語教師養成講座の広報担当です。

学校の先生方の定年退職後の仕事についてご紹介させていただきます。

学校の先生が定年退職後に日本語教師になるケースは非常に多い

実際の教育現場でご活躍された先生は、定年後の仕事に教師の仕事を選択するケースが非常に多いようです。

長きに渡り教育現場にいると、様々な児童・生徒を目にします。

近年は、クラスに一人や二人は外国人がいる光景は決して珍しくはありません。当然彼らは日本語を理解できません。

そこで、教育委員会から派遣された日本語教師が個別に日本語の授業をするわけですが、そういった光景を目の当たりにして日本語教師という職業を身近に感じることが多いのではないでしょうか。

何もできないジレンマ・・・

教員という立場でありながら、日本語ができない生徒に対して何もできない自分。。。

ジレンマを感じるそうです。

児童・生徒のために何とか力になってあげたい。。。

過去の出来事を振り返り、そういった体験から日本語教師を目指す教師は多くいらっしゃいます。

元教師であることの強み

現役の日本語教師の方ならお分かりいただけると思いますが、「日本語を教えることと、日本語ができること」は日本語教師という職業においては関係ありません。

日本語が得意だからといって、日本語教師に向いているとは限らないのです。

そういった意味では、全ての人に平等にチャンスがあると言われていますが、私は唯一例外があると思っていて、それが「教員として教鞭を振るっていた経験値」になります。

長い間、教壇に立っていた経験は、他には代えがたい、元教師であることの最大の強みであると思っています。

そういった意味で、教師の方が日本語教師養成講座を受講して、日本語教師として定年後のキャリアを歩まれることは、定年後のキャリアを考える上で必然的なことなのではないでしょうか。

お問い合わせはこちらから

tel.0120-112-375

【受付時間】平日09:00〜17:00 (土日祝日・年末年始・お盆を除く)

ご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

受講申し込み、説明会への参加申し込みはこちらからも承っております。